MENU

KANAZAWA SAMURAIZ

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】2017-18 B2リーグホーム第7節 vsF青森ワッツ GAME2

【試合結果】2017-18 B2リーグホーム第7節 vsF青森ワッツ GAME2

いつも熱いご声援をありがとうございます。
12月24日(日)松任総合運動公園体育館にて行われた「2017-18 B2リーグホーム第7節 vs青森ワッツ GAME2」の試合結果をお知らせいたします。
photo_360940.JPG photo_360935.JPG
IMG_5193.JPG
■スコア
金沢武士団 85-84 青森ワッツ
1Q 23-15
2Q 17-26
3Q 26-22
4Q 19-21

■MVP賞:木田貴明選手

■PLAY BY PLAY/ボックススコアはこちら
https://samuraiz.jp/game/?YMD=20171224&TAB=P&DOUBLEHEADERFLAG=false

■スターティング5
金沢武士団
#7井上裕介、#8月野雅人、#12アンドリュー・フィッツジェラルド、#33与那嶺翼、#38井手勇次

■コメント
【堀田ヘッドコーチ・コメント】
厳しいゲーム展開になってしまった原因は、ターンオーバーが多かったし、簡単に1対1でやられる事も多くありました。
オフェンスに関しては、アシスト数が多かったのでボールが回って、ちゃんとノーマークの選手が打てている証拠だと思います。
木田選手に関しては、思い切りシュートを打てと支持をしていて、そこを積極的にやっていたと思います。
課題になっている部分を修正して、次の年内最終戦となる秋田戦に向けて準備をしたいと思います。
その秋田戦で勝利で終えるよう頑張って、来年につなげていきたいと思います。
私たち金沢武士団は、ブースターの方、スポンサーの方、多くの方々に支えられているので、そういった事を常に意識しながら、戦っていきたいと思います。

【木田選手コメント】
終盤にかけて苦しい展開が続いていたんですけど、コートの中の5人でタフさについて話し合って我慢して、最後に逆転シュートを決めて勝つことが出来たので、そこはチームとしても成長した部分だと思いました。
最後の逆転シュートに関しては、ヘッドコーチからも周りの先輩からも、空いたら思い切り打っていいと言われていたので、最後にパスが回ってきても迷わず打てました。
ただし、ディフェンスで貢献出来ていない部分があるので、練習の中でチームディフェンスを意識してやっていき、ディフェンス面でもチームに貢献できるよう頑張りたいと思います。

【与那嶺選手コメント】
1Qはジャンプスタートが出来たんですが、その後は相手のやりたいバスケットをさせてしまったので、こういった試合展開になったと思います。
昨日もそうですが、ディフェンスを頑張らないと自分たちのバスケットが出来ないと認識したので、しっかりディフェンスで我慢して、自分たちのリズムでバスケットを出来るようなチームを目指していきたいと思いました。
仙台戦の時に、2000アシストまでもう少しと聞いていましたが、まったくカウントをしていなかったので、2000アシスト達成はビックサプライズでした。
アシストは、パスをして誰かがシュートを決めないといけない事なので、周りの選手、今までのチームメイト、そして金沢の選手がシュートを決めてもらったおかげです。
これからも、みんなにシュートを決めてもらって3000アシストを目指して頑張って行きたいと思います。

【新年最初のホームゲームは七尾でのアースフレンズ東京Z戦!】
◆1月27日(土)18時~
◆1月28日(日)14時~
◆会場:七尾総合市民体育館(石川県七尾市小島町西部4番地)
◆対戦:アースフレンズ東京Z
▽▽観戦チケットの詳細はこちら▽▽
https://samuraiz.jp/news/34127.html