MENU

KANAZAWA SAMURAIZ

MENU

NEWS

HOME>ニュース>【試合結果】2017-18 B2リーグホーム最終節 vsライジングゼファー福岡 GAME2

【試合結果】2017-18 B2リーグホーム最終節 vsライジングゼファー福岡 GAME2

いつも熱いご声援をありがとうございます。
5月5日(土・祝)金沢市総合体育館にて行われた「2017-18 B2リーグホーム最終節 vsライジングゼファー福岡 GAME2」の試合結果をお知らせいたします。
photo_473034.JPG photo_473024.JPG
photo_472966.JPG photo_472623.JPG
photo_473041.JPG photo_472951.JPG
photo_473047.JPG
photo_473013.JPG
■スコア
金沢武士団 80-74 ライジングゼファー福岡
1Q 28-23
2Q 11-18
3Q 13-19
4Q 28-14

■MVP賞:アンドリュー・フィッツジェラルド選手

■PLAY BY PLAY/ボックススコアはこちら
https://samuraiz.jp/game/?YMD=20180505&TAB=P&DOUBLEHEADERFLAG=false

■スターティング5
金沢武士団
#6木田貴明、#7井上裕介、#8月野雅人、#12アンドリュー・フィッツジェラルド、#38井手勇次

■コメント
【堀田ヘッドコーチ・コメント】
1シーズンを通して、勝ちにこだわってきました。
私がやろうとしたバスケットを、この福岡戦で選手達が遂行してくれて
集中力を切らさず最後まで諦めず戦った結果が、この2連勝に繋がったと思います。
選手達には感謝しています。誇りに思います。
私は初めてのヘッドコーチでしたけど、チームのみんなに支えられ、社長、ボランティアスタッフ、フロントスタッフ全ての方に支えられて1シーズン戦えたので、本当に感謝します。
その一言です。

【木田選手コメント】
シーズン途中からの入団で戸惑う部分がありましたが、先輩方が優しくチームの雰囲気に馴染めるように接してくれたので、僕自信も思い切ってプレイする事が出来ましたし、堀田HCも思い切ってやっていいと言って頂いたので、今シーズンは自分の持ち味を活かしながら、しっかりとプレイが出来たのかなと思います。
学生の頃は外国人選手とプレイをしたことがなかったので、コミュニケーションの取り方とか、プレイの質とかが全然違っていたので戸惑いはありましたけど、シーズン終盤にかけて自分自身も慣れてきましたし、学生の頃は外のプレイを中心にプレイしてきましたが、外国人選手が中心となってくるので、どう活かしながら、そして自分もどう活きるかを考えながらプレイする事を徹底していました。

【アンドリュー・フィッツジェラルド選手コメント】
1シーズンを通じてアップダウンがあったシーズンだったと思います。チームメイトを含め、ヘッドコーチ、チームスタッフ、みんな素晴らしいメンバーだったので、そういうメンバーとプレイ出来た事は良かったシーズンだったと思うし自分自身も楽しかったシーズンでした。
福岡とはB3リーグでライバルチームでしたが、B2リーグでは、どのチームも強くてライバルチームになったので、どのチーム関係なく気合を入れてやってきました。ただ連敗をしていて勝ちたかったので福岡に2連勝出来て良かったです。

【与那嶺選手コメント】
今シーズンB1昇格を目標にしてきました。この結果は僕自信は甘んじている結果だと思っているので、まだまだこのチームはやれると確信しておりました。
ただやっぱりそれぞれが、もっともっと成長しなければいけない事だったり、自分も含めてベンチメンバーがもうちょっとスタートのメンバーを休ませる力をつけることが必要だったなと思います。
ただみんな、プレイオフが消滅しても同じ方向を向いて、選手達でミーティングをして、ファンのみなさん、また自分たちの為にも、しっかりと金沢武士団らしいバスケットをしようとみんなと約束をして、それで最終戦に臨みました。
福岡相手にみんなが気持ちを込めて戦った2試合で、最後はファンの皆さんを楽しませることが出来たのかなと思うので、終わり良ければ総て良しではありませんが、今シーズンのこの2試合を良い形で勝利で終えた事は、良かったと思います。

【月野選手コメント】
今シーズンの開幕前に思い描いていた結果ではなかったですけど、最後ホームで連勝をして終えることが出来て、良い時も悪い時も声援をくださっていたスポンサー様を含め、ボランティアの方々や、ブースターの方々へ、今シーズンの最大限の自分たちが出来た恩返しになったかなと思います。
ただ、今回の連勝で満足することは出来ないし、シーズンを通してB1昇格であったり、中地区優勝って目標を描いて一緒に戦ってきたブースターさんたちや、スポンサーの方々へもっと結果を出さないといけないと感じました。
個人としてそれぞれがより高い意識を持って成長しないといけないのはもちろんですし、それ以上に「チームで」って言葉だったり「同じ方向を見て」だったり「同じ目標に向かって」っていうのを口にしましたが、それは口で言うよりも難しいと感じました。
チーム全体が同じ目標に向かって戦っていく事がすごく重要だなと感じたシーズンでした。

【ファンクラブ会員限定】2017-18ファン感謝祭
◆5月19日(土)10時~
◆会場:野々市市内ボウリング場
◆申込締切:5月11日(金)
▽▽詳細・申込方法はこちら▽▽
https://samuraiz.jp/news/43448.html
20180425.png